報告606ロックアクション

戦争あかん!ロックアクション

 

6月6日午後6時半から、大阪市西区・新町北公園で、戦争あかん!ロックアクションを開催し、約100人が参加した。
 

ロックアクションの共同代表の山下慶喜前茨木市議があいさつし、堺市長選挙で野村さんが無所属で大阪維新の会の候補者と闘っているが、まさに維新は公明党をつぶし、安倍総理のパートナーに浮上しようとしている。都構想等も含めて闘っていくと表明した。

集会では、関西共同行動の山田さんから、南西諸島での自衛隊ミサイル基地等の武装強化を取り上げ、宮古島では保管庫と称して建設された建物ではミサイル等の弾薬庫が明らかになり、防衛大臣が住民を騙してきたことを陳謝している。しかし、手を緩めることなくジェット燃料を備蓄し、それも簡易な施設なため島の飲料水源である地下水汚染の危険性が高まっていると報告した。

全港湾の山元さんからは、維新の都構想で大阪市を廃止し、貴重な財源を大阪市民から取り上げようとしており、市民サービスの低下は避けられない。堺で野村さんが闘っているので、市民1000人委員会を立ち上げ支援しているとアピールした。



共通番号制と管理監視社会に反対する市民ネットワーク(略称:カンカンネット)の木村真豊中市議から、大阪メトロでは改札に顔認証システムを導入しようとしており、万博での利用者増というがスポット客に登録させるのか、理解はできないと思う。マイナンバーカードと健康保険証をセットにする等々個人管理の危険が高まりつつある、と警鐘を鳴らした。

G20での規制、大阪府教育庁の教職員に対する日の丸、君が代を強制し、拒否すると職務命令違反で処分、3回重ねると免職するとしており、裁判所も認めることがない暴挙の繰り返し、反原発での関電抗議行動等の報告があった。

集会終了後、社民党大阪府連合代表の服部良一らを先頭に、御堂筋をとおり、難波までデモを行った。