武委員長保釈

 

全日建関西生コン支部 武建一委員長
641日の異常な長期勾留から保釈!

大 椿 裕 子(社民党大阪府連合副代表)
  

5月29日深夜、全日建連帯労組 関西生コン支部の武建一委員長が、641日(山城博治さんの約4倍、カルロス・ゴーンの約6倍!)の異常な長期勾留から保釈されました。
  
6月1日には、最後のひとりであった湯川裕司副委員長も保釈され、なかま全員を奪還することが出来ました。これまで、諦めずに抗議の声を上げて来た成果が、ようやく実りました。

 

保釈されたばかりの武委員長にインタビューする機会をいただき、お会いしてきました。641日も勾留されていたとは思えない程、疲れを感じさせない、はつらつとした姿に安心しました。勾留中の様子を聞かせていただき、全国の支援者のみなさんに向けたメッセージをいただきました。

私が「この弾圧の本質は何だと思いますか?」と尋ねると、「まともな労働運動の広がりを阻止するためには、成果を上げている関生に打撃を与えて、御用組合的な組合しか認めない、という権力の意図が強く感じられますね」と武委員長は答えられました。そして、「労働組合の仲間たちに」とメッセージを求めると、「諦めないことですな」と一言。その言葉に、武委員長のゆるぎない思いを感じるとともに、勇気をもらいました。

インタビューの様子は、ダイジェスト版でSNS上で公開し話題になっています。ぜひ、ご覧ください。

動画を見る → 「大椿ゆうこさんによる武委員長への独占インタビュー」 検索