報告720大椿

 

大椿ゆうこ 最終日

 

参議院選挙全国比例に立候補した大椿ゆうこは、とうとう最終日を迎え、20日の午前は名古屋市のトヨタ本社前で、莫大な内部留保を吐き出し、労働者に返せ、国内で活用し社会の役に立てろと街頭宣伝を行い、各地を転々としながら大阪に戻ってきた。
 大阪の選挙活動部隊は、難波・千日前では新社会党の岡崎委員長を迎えて街頭宣伝を交えながら、府内で街頭宣伝を重ね、大椿ゆうこと梅田ヘップファイブ前で合流した。
 

午後6時過ぎから、多くの支援者が集まり、約300人の人々に囲まれながら、梅田ヘップファイブ前で最後の訴えを行った。
 

 

大椿ゆうこは、社会には2100万人以上の非正規労働者がおり、そのうち75%は年収200万円以下で、安倍総理はアベノミクスは成功したというが、小泉総理から引き続いて大量の非正規を生み出している。今こそ雇用の立て直しが必要だと主張した。
 

非正規は、女性だけでなく、リーマンショック以後、多くの男性の非正規で解雇問題が明らかになり、社会に不安が広がっている。これをストップしていくには雇用を立て直すしかない。
 非正規労働者として、職場を転々とし、関西学院大学で雇止めにあった時、継続を求め、裁判まで行ったが、途中で解決金という話がでたものの、安いし、口外しないと約束させられるので断り、最後まで行き、負けてしまったが、良かったと思っているし、関西学院大学で世の中の不条理を気づかせてもらったことは感謝している。非正規は様々な形で広がり、ますます分断されているが、これを乗り越えて連帯して闘い抜こうと訴えた。