報告1104交歓会

 

平和と民主主義をめざす全国交歓会 

 

11月4日午前11時から、「平和と民主主義をめざす全国交歓会」が、大阪市北区の扇町公園で、東アジアの平和をつくろう!STOP改憲!と銘打ち、「11.4団結まつり」を開催した。オープニングに月桃の花歌舞団のエイサーから始まり、主催者のあいさつを経て、連帯のあいさつがあった。
 

 

連帯のあいさつは、日本共産党大阪府委員会、全日建連帯関西生コン支部の西山さん、京都の丹後半島米軍基地建設を憂う宇川有志の会、ヘイトスピーチと闘う李信恵(リ・シネ)さん、大阪朝鮮高級学校オモニ会の高己蓮(コ・キリョン)さんらがあいさつにたち、社民党は大阪府連合を代表し、川口洋一幹事長(高槻市議)があいさつを行った。

 川口幹事長から、夏の参議院選挙で大椿ゆうこの支援のお礼を述べたあと、台風災害にわずかしか支援しないで、防衛費は湯水のように使う政府の姿勢を批判し、団結で大きな政策転換を進めていこうと訴えた。
 ゲストには、韓国から代案文化連帯のキム・アラムさん、希望連帯労組のチェ・オスさん、沖縄平和運動センターの山城博治さんが壇上に立った。
 会場は数多くのテントが立ち、拘留の広場、ミニコンサートなど多くの催しで一日を過ごした。