報告1116弾圧許すな

 

声をあげよう!弾圧許すな!

 

11月16日午後2時から、大阪市北区の西梅田公園で「声をあげよう!弾圧許すな!11・16全国集会」が同集会実行委員会により開催され、1,200人を超える人が結集した。
 集会前に月桃の花歌舞団が、事前の学習会を重ねて、エイサー等を舞い、開催を盛り上げた。
 

最初に、この集会を呼び掛けた服部良一元衆議院議員(社民党大阪府連合常任顧問)らが立ち、その中から、藤本泰成フォーラム平和・人権・環境共同代表が主催者あいさつを行った。憲法第28条で労働三権が保障され、国も交渉力の格差があることで、労働者に団結や争議等の実力行使を認め、刑事、民事責任から解放されているにもかかわらず、この権利が侵害されている。特定の人達が金を集めるため、邪魔になる、気に食わない人に圧力をかけることは許されないと訴えた。
 

全日建連帯中央本部の委員長から、関生支部の委員長、副委員長らが次々と、憲法や労働法で正当な活動にもかかわらず逮捕されてきているが、我慢強い闘いを進めることにより、警察等の弾圧疲れも見えてきている。国際的な舞台も活用しながら、多くの人の支援で闘い抜いていきたいとの表明があった。
 

 

 

沖縄から、山城博治沖縄平和運動センター議長が、労働運動の大産別の腰が引けているなかで、フォーラム平和が前に出ており、心強いと高く評価し、沖縄・宮古島では民家の100mくらいのところに防衛省が弾薬庫を作っているが、火薬取締法違反は明確なのに、情報公開請求でも黒塗りで中身がわからなくしている。首里城再建の補助金を出す代わりに大浦湾の埋立変更申請を通せと国は圧力をかけてくることを跳ね返すし、全日建連帯関生支部とは一緒に闘っていくと表明した。
 民主主義の破壊、表現の自由を踏みにじる「表現の不自由展・その後」について、愛知の会の高橋良平さんからも最近の動き等の報告があった。
 

川口真由美さんのミニコンサート後、大阪労働弁護団から中井雅人弁護士から、89名の逮捕者、71名の起訴が1年3か月くらいの間で行われ、異常と言えるが、一般事件と見ても刑事事件にならないことで捕まり、労働事件ではなおさら。武委員長に接見したが自分のことは横に置き、同房の外国人労働者が宗教上の理由で食べるものがないことを取り上げ、食事の改善を要求したことなど人権侵害に闘う人だとしみじみと思った。
 

東京の大口弁護士から、労働組合や労働運動を反社会的勢力・活動と扱ってくる動きとの闘いが重要となり、一ノ宮美成はその立場で関生支部を攻撃する記事を書いており、名誉棄損事件として裁判を起こしたことを報告した。
 連帯する地方議員たちが立ち、社民党のおおつる求伊丹市議が代表しあいさつを行った後、川口洋一高槻市議(社民党大阪府連合幹事長)らが次々と発言した。
 集会決議を採択、閉会あいさつを行ったあと、大阪市役所、大阪地裁前までのデモを行い、警察や政権の弾圧を跳ね返すと大きく訴えかけた。