報告1203桜を見る会

 

 『桜を見る会』私物化を許さない!

 

12月3日午後6時半から、大阪市西区の新阿波座公園で「おおさか総がかり行動実行委員会」が、「『桜を見る会』私物化を許さない!安倍政治を終わらせよう!12・3緊急集会」を開催し、短期間の呼びかけにもかかわらず、300人を超える人が結集した。
 最初に主催者を代表し、中北龍太郎弁護士が立ち、安倍総理は国会等でうそをつき続け、公金の桜を見る会を夫婦そろって選挙に利用し、森友・加計問題と同じ隠蔽体質を暴露している。ここは、市民と野党が共闘して問題を徹底的に追求していくとあいさつを行った。

 

 

野党各党もあいさつにたち、立憲民主党、日本共産党、社民党から大阪府連合副代表の大椿ゆうこさんが訴えた。
 スペインのバルセロナに約2か月滞在していたが、日本と違い若い層が、独立運動にかかわり、香港や韓国等と同じ状況だが、日本発信のニュースは福島の汚染水くらいで、安倍総理を知っている人はいない。それにもかかわらず、税金を使って、桜を見る会を個人的な選挙運動に利用し、世界情勢からかけ離れてばかげたことをやっていると厳しく批判した。
 集会終了後、寒い中でも、難波までデモを行い、桜を見る会や森友問題、閣僚の失言等の学級崩壊の安倍政権の退陣を訴えて終了した。