報告1106ロックアクション

 

戦争あかん!ロックアクション

 

11月6日午後6時半から、大阪市西区の新町北公園で、「戦争あかん!ロックアクション」の恒例の消費税引き上げ反対!ヘイトスピーチやめて、関電経営いいかげんやめて等々のテーマで集会を開催し、約100人が結集した。
 最初に、共同代表である服部良一(社民党大阪府連合常任顧問)さんが、あいさつに立ち、国会では金曜日から予算委員会が始まるが、二人の大臣辞任、民間英語試験導入延期にかかわる萩生田文部科学省大臣の本音を丸出しにした身の丈発言での総理の口だけ任命責任を追及することから、憲法審査会で国民投票法の欠陥を利用した憲法改正を推し進める無謀な動きをけん制した。特定秘密保護法はそもそも、日米韓の軍事情報を共用することを保護すると言っていたが、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を廃棄するのなら必要性がなくなると批判し、韓国ではこれを復活させるのなら、反対運動を大展開させると民主団体も姿勢を明確にしているので、日韓連帯の運動を訴えた。
 

 

 

集会では、全日建連帯関生支部の西山さんから、昨日、逮捕されていた1名を奪還、あと2人残っているが、11月16日に大規模な集会を開いて、仲間を取り返すと表明、反戦、沖縄、反原発を掲げただけで逮捕され、非正規を正規社員に変えろと会社に要求しただけで逮捕という不穏な状況になっているがこれを突破したいと力強い訴えがあった。
 

大阪朝鮮高級学校のオモニ会からも、この10年間に高校無償化から外され、幼保無償化から除外され、他の外国人学校は対象と不公平も甚だしいし、税金は払わされているというのは世界的に理不尽だと訴えた。
 また、原発では関西電力の闇では、関電は原発建設で機動隊等を使い暴力で進め、金で黙らせる性格が未だに続いていることが明らかになっているが何一つ変わっていない、森友問題は犯罪が明確でも放置され、佐川を再度国会喚問を求める運動の提起があった。数多くの報告及び提起があった後、難波までデモを行い、消費税引き上げ反対等のスローガンを訴えた。