とめよう戦争への道

7.12 とめよう!戦争への道 めざそう!アジアの平和 2020 関西のつどい

―中東への派兵反対!/安倍改憲NO!/辺野古埋め立てやめろ!/朝鮮半島に平和を!―

●7月12日(日)PM2時半開場-3時開会
於:ヴィアーレ大阪・4Fホール(地下鉄・本町駅③出口)
資料代 500円/(中高生・介助者無料)手話通訳あり 

 ●講演:望月衣塑子さん
〔もちづき・いそこ/東京新聞社会部 記者。森友学園・加計学園問題では菅内閣官房長官への鋭い質問が注目される。『武器輸出と日本企業』や話題となった『新聞記者』の著作と『兵器を買わされる日本』などの共著があり、その内容をモデルにした映画「新聞記者」と昨年末には、望月さんの活動を追ったドキュメンタリー映画「ⅰ-新聞記者ドキュメント-」が公開された。

集会参加にあたっては、以下のご協力をお願い致します。
①来場時には、マスクの着用をお願い致します。
②会場への入室時には、手指消毒のご協力をお願い致します。
③恐れ入りますが、風邪気味の方、熱や咳がある方は、参加をお控え下さい。
④会場では、3密にならないようにご協力をよろしくお願い致します。

主催:実行委 ※賛同団体・個人募集中!
(大阪平和人権センター/しないさせない戦争協力関西ネットワーク/戦争をさせない1000人委員会・大阪

安倍政権は、「桜を見る会」の私物化問題で全く説明責任を果たそうとしていません。ところが、相変わらず9条改憲の強行突破をあきらめていません。また、中東派兵や軍拡、辺野古新基地建設や南西諸島への自衛隊配備など、9条破壊を推し進めています。9条改憲と憲法破壊を打ち破り、終わりの時が次第に近づいている安倍政権を民衆運動の力で倒しましょう!