報告1201さよなら原発

 

さよなら原発

 

12月1日午後2時から、兵庫県伊丹市のいたみホールで「12・1さよなら原発10000人集会~無責任の極み、原発を許せない~」を第8回同集会実行委員会が開催し、約500人が集まった。
 最初に、元福井地方裁判所裁判長の樋口英明さんが「私が大飯原発を止めた理由」と題した講演を行った。
 そもそも危険は、発生確率と被害の大きさを取り上げて検討するのが通常で、原発も同じことを判断し、原発再稼働を認めないとの判決を出したのは2人、認めたのは18人ですが、要は危険を科学的に判断したかどうかの差に過ぎない。
 原発再稼働で危険性が認められるものは地震があるが、震度は最高7でガル(地震の強さで最大加速度(gal))で言えば約1500以上となるため、それ以上はすべて7で評価が止まる。マグニチュードはMで最高9で止まる。これは過去最高がM9.5のため、これ以上はすべて同じ。ガルが一番地震の大きさを表しやすいし、震源地からの距離等での影響も測りやすいが、関東大震災時には測定する機器がなかった。
 

 

原発事故では、安全を確保するため止める、冷やす、閉じ込めるだが、福島第一原発事故では奇跡が重なり、この程度で済んでいる。1~3号機がメルトダウンを起こしているから大事故で、東電はこの事実を隠してきた。しかし、4号機は停止していたものの、使用済み燃料棒があり、偶然、水により冷却されたので、死の灰が広範囲にまき散らす事態にはならず、東電は東京を含む半径250kmまで避難地域となるとおののいた(社員は現場から逃げ出していた)。
 大飯原発再稼働でも、1000ガル程度で地震対策は十分で安全と、科学者と言われる人の手を借りて、主張してきたが、2000年以降でも4022ガル、3406ガル、2515ガル等の地震が発生し、三井ホームは耐震住宅では5015ガル、住友林業のそれは3406ガルの設計で出しているので、電力会社の耐震基準は極めて低い。そもそも地震は起こらないという。
 しかし、普通の地震学者は観察できない、実験できない、過去の資料もないという三重苦の中で研究していると訴えている。日本は世界でもまれな4つのプレートが集まった超地震国であり、極端な権威主義、頑迷な先例主義、科学者妄信主義(科学妄信ではない)に取り込まれ、リアリティに欠けている。
 私が大学に入った年に、田中内閣が発足、電源三法が成立したが、原発神話に取り込まれていた時代で、それに気づいた次の世代が将来に責任を持って原発を終わらせないといけない。私たちは非力だが無力ではない。ぜひとも、将来に向けて責任を持った行動を幅広く進めていきましょうと訴えた。
 二人目の講演は福島原発告訴団団長の武藤類子さんが「東電刑事裁判不当判決と福島の今」について発言した。
 もともと、福島第一原発事故の責任者は、東電しかり、国等と数多い。しかし、検察は犯罪者として起訴せず、検察審査会の判断により強制起訴となり、それも3人に絞られた。それでも次々と法廷で問題が明らかにされたことは大切なことであり、長期評価で津波が15mを超えるし対策が必要の声もあったが、新潟の地震で原発の補修費が莫大になり、手が回らないという事実が明らかになっていった。
 しかし、勝俣元会長はそんなことは聞いていない、原発の安全は現場の責任と言い切り、経営者とは思えないし、他も責任のなすりあいに終始していた。おまけに、裁判長は長期評価は信頼性が低い、大津波の予測は確かでない、事故前の社会通念は事故をゼロにすることを前提としていない等々で無理に無罪判決に持ち込んでいると批判した。 そのため、私たちは控訴し、来年、東京高裁で裁判が始まると多くの支援を求めた。
 東北では、今年、台風19号で大きな被害にあい、除染されていない森林からの土砂の流出、汚染土壌を入れたプレコンバッグの流出等が続いた。原発敷地内に119万トンの放射能汚染処理水がたまっているがトリチウム等が除去できていないし、除去したフィルターが残ったまま。1・2号機の排気塔の解体も自動的にできず、手作業が多く、6,000人/日が働き、外国人を騙して従事させている。東電に申し入れても元請の先は知らないので労基署に行ってくれと開き直っている。
 文部科学省の放射線副読本では、事故を起こした原発の写真が無くなる、汚染という単語や国際的な規制基準、子どもは被曝感受性が高いことが消えて、放射線の有効性や復興が進んでいる、野菜不足や塩分の過剰摂取を持ち出し、他のリスクに誘導するなど原発事故すら過去のもので済まそうとしている。数多くの問題が出てきているが、真実を明らかにする努力を続けていこうと訴えた。
 国会報告として、清水忠史衆議院議員(日本共産党)、桜井周衆議院議員(立憲民主党)が立ち、市民団体でははんげんぱつ新聞編集委員の末田一秀さんら3者がアピールを行い、主催者のあいさつにより終了した。