大椿裕子公認内定

 

次期衆議院選挙

大椿ゆうこ 大阪9区公認内定


4月16日に開催された社民党の常任幹事会で、次期衆院選の大阪9区(茨木市・箕面市・池田市・豊能町・能勢町)に大椿ゆうこを擁立することが決まりました。

大阪9区は、2017年に服部良一顧問が出馬した選挙区です。池田市を地盤とする自民党の原田けんじ議員と、懲罰動議6回、関生批判を繰り返す維新の足立やすし議員の選挙区です。前回の衆議院選挙では、原田議員が93,475票で小選挙区に勝利。選挙前、「小選挙区で落選したら、比例は返上する」と宣言していた(もちろん前言は即座に撤回)足立議員は91,438票。その差は2,037票です。服部良一顧問の得票率が44,589票だったことを考えれば、非常に厳しい闘いになることは間違いありません。次期衆議院選挙はいつになるかはわかりませんが、地道に活動を続け、他の候補者との違いを明確に打ち出していきたいと思います。

今、新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの労働者が収入の減少・解雇・失業に追い込まれ、明日をどう生きていけば良いのか不安に感じている状況です。非常時にこそ、社会的・経済的格差の影響が浮き彫りになります。
男性中心で、新自由主義に侵され、人々の命や暮らしを後回しにする今の政治。再び「変わるのは私たち、変えるのも私たち」をスローガンに、みなさんと一緒に、使い捨てられず、切り捨てられず、ここで生きていていいんだと思える社会を作るために、次期衆議院選に挑戦します!選挙はみなさんのものです。みなさんと共に、運動を作っていきたいと思います。ぜひ、大椿ゆうこと一緒に立ち上がってください。

大 椿 裕 子 (大阪府連合副代表)