報告1109憲法つどい

 

9条いかして平和をつむぐ 憲法のつどい2019

 

11月9日の午後2時から、大阪市北区のPLP会館で「とめよう改憲!おおさかネットワーク」が「11.9 9条いかして平和をつむぐ 憲法のつどい2019」を開催し、120人を超える人が集まった。
 

最初に、主催者を代表し、中北龍太郎弁護士が、これまでの改憲反対の成果と油断できない情勢を説明した。特に中東派兵の問題は、アメリカのイラン核合意の一方的離脱による軍事緊張の高まりから、防衛省設置法の調査・研究の規定のみで自衛隊を中東に派兵する明らかな脱法行為には、自民党内からも批判の声が出ており、しょぼいアメリカの有志連合に実質的に加担することになる。これまでの両国の仲介者として動いていた日本は一気に変わっている。今こそ平和憲法を生かした外交により、中東の緊張を緩和する努力が重要だと訴えた。
 

講演は京都大学大学院教授の高山佳奈子さん。「改憲案が暮らしをおびやかす4つの理由」と題し、安倍改憲案を中心に自民党憲法改正草案に触れてその問題を指摘した。
 

 

 

そもそも国連では憲章で日本等は敵国条項で軍事行動を起こせないので、アメリカ軍と共に武力行使することはできないにもかかわらず、憲法改正や中東派兵を言い出している。まず、9条改正では「第2章戦争の放棄」に自衛隊を書き込む矛盾があり、総理大臣の指揮も内閣の権限に入れるもので極めて違和感がある。緊急事態条項は現憲法では入れることを否定し、一切の規定がないし、災害には災害対策基本法があり、何をしたいのかとなる。参議院の合区解消では、1票の格差是正を否定し、人口以外にいろいろな要素を入れて、政権の都合を反映させようとも考えられ、地方自治体を国の下の事務処理としか見ていない。教育の充実と言いながら、公教育への財政負担を努力義務でとどめているのは後退しかないし、教育に宗教を持ち込もうとしているのは政教分離原則に違反である。
 

第1章天皇、第2章自衛隊となれば、明治憲法の構成と変わらなくなり、そもそも現憲法の前文の平和国家を希求することを反する改正はできないし、国際人権法にも反する。
 使わない、使えない高額な兵器を爆買いし、それをさらに加速しようとする憲法改正だが、高齢者の犯罪が増加しているのは日本だけで、万引き、無銭飲食が多く、刑務所に入った方が生活できると刑務所が福祉施設化している。国連からは報道の自由・独立性が低いと指摘され、改善されていない。安保法制強行採決以降、日本を敵視する国や団体が増え、国際関係が悪化している。やはり、国際的な水準にある平和憲法をいかし、必ず選挙に行って皆の主張を打ち出す意義を説いた。
 

特別アピールは、「新聞うずみ火」の矢野宏さんが「日韓対立をどう乗り越えるか」、山本みはぎさんからは「『表現の不自由展・その後』で問われたもの」の2本が出され、最新の状況のアピールがあった。
 最後に、今後の改憲阻止の取り組みが提起され、終了した。