9条の会学習会

 

九条の会おおさか主催 第2回WEB学習交流会


「憲法の視点で見る国際情勢~ドイツ・欧州~」
話題提供 木戸衛一さん/西谷文和さん

1年間、ドイツ・ボーフム大学で客員教授を務められていた木戸衛一さんがこの春帰国されました。ドイツ・欧州を中心に、コロナ禍を含めて最新の政治情勢を語っていただきます。西谷文和さんは第1回目に引き続き登場いただきます。国内外のあふれる情報をファクトチェック!今何が起こっているのかを分かりやすく自由自在に語っていただきます。ZOOMを使った学習交流会です。チャット機能や手挙げボタンを使ってどんどん質問や感想を伝えてください。ありとあらゆる方法を使って、平和憲法を守りいかす取り組みを続けていきましょう。

日   時:2020年6月20日(土)15時~17時
定   員:100人 ※定員になりしだい締め切ります。
内   容:ZOOMを使ってのオンライン学習交流会です。カメラ付きパソコン、スマートフォン、タブレットなどがあり、インターネットが接続できる環境であれば参加可能。申し込みをいただいた方には、参加のためのURLをメールで送ります。当日そのURLをクリックするだけで自動的に参加画面に移行します。

参加方法 :6月18日までに①名前 ②所属(あれば)③メールアドレス④携帯電話番号をメールでお知らせください。開催前日までに 参加のためのURLとパスワード、当日資料をメールで送ります。 参加申込メールアドレス→ kat9w11@gmail.com

事前学習のご案内 西谷さんと木戸衛一さんが対談した動画が53分でまとめられています。事前学習としてぜひご覧ください。
「ドイツと日本徹底比較~こんなに違う戦後の歩み」(2015年10月)https://youtube/ygCuFKG0nZ0

主   催:九条の会おおさか

【西谷さんの話の内容】
自粛を求めるが補償をしない政府の問題
日本の初期対応の決定的誤り
消費税を停止すること 富裕層への課税
「小さな政府」の根本的誤りが招いた悲劇
特に大阪での維新政治の悪影響
メディアが報道しないことで隠されている諸問題
紛争地におけるコロナ被害
中村哲さんの示した方向性の正しさ 気候変動など

【木戸さんの話の内容】
1.「ラジオ・フォーラム」(2015年10月)および国際平和村訪問(2017年8月)
2.政治家の言葉:メルケルと安倍の対比
3.ドイツにおけるコロナ危機の現状:致死の少なさ
4.コンタクト禁止令と経済支援
5.コロナ危機で見えた負の側面:人種差別、国境検問、「保健衛生デモ」
6.「ポスト・コロナ」への展望:「フライデーズ・フォー・ヒューチャー」との
つながり、憲法との関係