報告706大椿

 

大椿ゆうこ 出発式 

 

7月4日に参議院議員選挙の告示があり、参議院選挙全国比例に立候補した大椿ゆうこは、出身の岡山県高梁市で第一声をあげ、地元の多くの方に見送られ、岡山県内をまわり、5日は兵庫県に入った。
 

6日の午前8時に、大阪市北区のPLP会館前で出発式を行い、大阪市内全域を回った。午前11時に環状線・京阪京橋駅前、午後1時に大阪駅前、午後4時に天王寺駅前、最後に難波・千日前で街頭宣伝を行った。

 

 

大椿候補が各地で訴えたのは、非正規労働者が他党でも立ち始めたが、やはり社民党が先鞭をつけ、非正規で雇止めにあった一労働者が国会で発言する価値は大きいし、2世議員や裕福だったり、テレビで売れた人間ばかりでは、現場や小さな声は届けられないことを打破できるとした。
 

今、労働者の4割は非正規で、女性の場合はさらに増え、シングルマザーで苦しみながらも頑張っている人は多い。しかし、正規だけでなく、選択の幅を広げるとか、自己責任という現実離れした風潮を作り出し、政府の責任を回避してきた小泉、安倍政権は罪深いし、少子化という現実を作り出した政策の誤りを認め、転換すべきと訴えた。
 

非正規は雇用期間が過ぎたから雇止めにあい、正規はパワハラによって自分から辞めると言い出す状況を作りだされ、違法であったり、おかしいと思うことでも黙って仕事をしているのが現実で、労働組合の役員をしており、多くの相談を受けてきた。竹中平蔵さんが正社員は守られすぎといっているが、現実を知らないし、非正規や派遣を自由につくり出すための口実に過ぎないと批判した。

 消費税を10%にすると言っているが、景気がいいと思っている人は少なく、生活がさらに厳しくなるだけで、法人税減税や富裕層に有利な所得税減税を行い、消費税がその穴埋めになったのが事実で、法人税などは元に戻せば問題ないはずだと指摘し、労働者から搾り取った内部留保を労働者に返すが筋だと訴えた。