報告719大椿

 

7月19日、参議院選挙全国比例に立候補した大椿ゆうこは、早朝から環状線桃谷駅前から街頭宣伝を行い、堺市・堺東駅前、最後に梅田で福島瑞穂副党首と一緒に街頭宣伝を行った後、東京に向かい東京電力前での無責任大企業の責任追及を行い、外国人技能実習生に廃炉作業を行わすな、原発作業員に孫請け等を使うなと訴えた。
 大阪では、候補者がいない中でも、大阪府内を回り、最終は京阪京橋駅片町口で街頭宣伝を行った。
 

 

年金不足で老後は2000万円の貯蓄が必要という政府報告を巡って、女性の社会的な地位が低く、男性の70%に留まったままであり、それは非正規社員が多いことや、正社員でも給料が低いという現実があることを考えていない。非正規の場合は厚生年金に入っておらず、基礎年金も満額もらえるかどうか、75歳になって月5万円の年金で生活している人もいると多くの人々に訴えた。