除外は許されない

 

幼保無償化から朝鮮学校除外は許されない!

 

全てのこども幼児期の育ちを守るために10月から実施された幼保無償化の制度から朝鮮学校を含む外国人学校幼稚園は除外された。除外の理由は「多種、多様な教育をしているから。」「各種学校は福祉認可外施設ではない」であるが、日本で多様な文化言語を持つ在日外国人の子どもが、民族教育を受ける権利を認めず、認可外保育施設としてベビーシッター等の事業にも無償化が適用されるのに、これは明らかに、朝鮮学校を排除するための口実である。幼保無償化の財源は10%に上がった消費税である。排除された朝鮮学校の保護者もこどもも負担をするが、還元はされない。朝鮮学校への高校無償化排除に続くこの幼児に対する排除は、日本社会が法の正義を失い、共生から排除に向かう流れを占めている。ぜひ多くの皆さんにこの問題について考えともに抗議の声を上げて頂きたい。