報告0919改憲に終止符

 

9条改憲に終止符を!

 

9月19日午後6時半から、大阪市北区のPLP会館で、「戦争をさせない1000人委員会・大阪」が「9条改憲に終止符を!9/19大阪集会」を開催し、150人以上が結集した。
 最初に、1000人委員会・大阪の米田彰男共同代表があいさつを行い、毎月19日に総がかり行動を行っているが、その一環での集会であり、東電の経営陣の無罪判決には、被害者のことを考えていないものと批判し、内閣改造は、うそを重ねてきた人間が次々と閣僚になり、改憲を進めている。翻って韓国では反日から反安倍で切り返す市民運動の厚みを感じるとした。
 

政党等のあいさつが続き、立憲民主党、大阪憲法会議が立ち、社民党から服部良一大阪府連合代表があいさつを述べた。
 今日、東京で会派運営協議会があり、ようやく自公に対する野党共闘で共同会派が結成された。私は安保法制違憲訴訟の大阪の原告団長をしており、全国で順次判決が出てくる段階に来ている。社民党は韓国に調査団を出して交流を進めるが、他政党にも呼び掛けていきたいと表明した。


 

講演は、フォーラム平和・人権・環境共同代表の福山真劫さんが「安倍政権の退陣・打倒をめざしての私たちの取り組み」というテーマで、フォーラム発足、2014年の総がかり運動の開始で運動の展開が大きく変わったところからスタートした。
 安倍政権は、参議院選挙を有利に進めようと、北朝鮮を攻撃できないので韓国叩きに走り、支持率が上がっている。差別意識を丸出しにし、植民地支配、戦争での加害者責任から逃げ、300万人以上の被害だけしか言わないのでは、日朝国交正常化が進むはずもなく、第一の責任は日本政府にある。戦争は反対だけど無関心ではファシズムを呼び込むだけ。
 

連合のトップと話をしていても、9条を守ることや歴史認識についても希薄であり、原発再稼働は推進する産別を抱えているので、反対せず、自民党と変わらないのが現実。これでは野党共闘の核にもなれないし、バラバラでは安倍政権に対峙すらできない。
 

7月の参議院選挙ではなんとか自公の3分の2を阻止し、1人区で野党が勝利できたが共闘がないと惨敗したはず。衆議院選挙が近いと言われているが、野党共闘で闘わないと勝ち目はない。文大統領は、日本を批判するだけでなく、日韓が力を合わせて戦争被害者の心を癒す取り組みを訴えている。ともに手を携え、正義はどこにあるのかはっきりさせながら進んでいくしかないし、大阪での部落解放運動や障害者差別・民族差別反対を訴え、乗り越えようという取り組みを踏まえて、頑張っていこうと訴えた。
 最後に、高木敏雄事務局長から、核廃絶1000万署名の推進、10月、11月の各種集会への参加の呼びかけで終了した。