報告0426大椿・仲村街宣

 

大椿ゆうこ・仲村みお共同街宣

 

4月26日午後5時半から、参議院選挙全国比例候補予定者の大椿ゆうこさんと仲村みおさんが、大阪梅田ヨドバシカメラ前で共同街頭宣伝を行った。全国比例で女性2人が共にマイクを握る取り組みを行った。
 最初に、社民党大阪府連合の服部良一代表が大阪知事・大阪市長選結果に触れ、カジノ建設が急速に進む危険性、沖縄・辺野古新基地建設で土砂投入を批判し、これに対する運動の強化を訴えた。
 

 

市民運動の皆さんの応援アピールを交えて、沖縄県会議員である仲村みおさんが、沖縄で知事選・住民投票等で明らかに県民の意思は辺野古新基地建設反対であり、安倍政権は県民に寄り添うと言いながら、建設を強行していると批判し、それでも反対運動は続けていくと表明した。いまだに、日米安保条約・地位協定でアメリカの占領状態は続き、日本政府は米軍基地を整備しているが、大浦湾は軟弱地盤が多く、工法上できないので、変更申請が出されると思う。しかし、知事は承認しないし、税金の無駄遣いはやめるべきだと訴えた。
 

大椿ゆうこさんは、自ら非正規での雇止めで首を斬られ、使用者である関西学院大学と裁判で争ったことや大学教職員組合は正職員しか加入できず、一人でも入れる労組の支援を受けたことを語った。
 その裁判は負けたが、次の人たちにも必要なことと思い、今は支援の運動を行い、無職と評される非正規が労働者の40%を占め、2013年に労働契約法が改正され、5年を超えると正規転換の道が開かれるまでに至った。アメリカの少数の労働者の闘いの影響を受け、時給1500円以上の運動が広がっているし、参議院選挙という舞台を社民党が用意してくれ、さらに拡大したいと訴えた。
 

その後、梅田ヘップファイブ前に場所を移し、連休前の賑わいの中で、大椿ゆうこさんと仲村みおさんが午後7時過ぎまで訴えを続けた。