報告717大椿

 

大椿ゆうこ 大阪街宣

 

7月17日早朝から、参議院選挙全国比例に立候補した大椿ゆうこが、大阪・北摂方面を中心に街頭宣伝を行った。
 豊中市・千里中央駅前を皮切りに、箕面市の箕面駅前、茨木市の茨木市駅前、高槻市・高槻駅前で午前中に次々と行い、午後に入り、枚方市の枚方市駅前の街頭宣伝を行った。
 

日差しが強い午後3時半に、交野市のイズミヤ前で、松村市議会議員が先立ち、交野市民に訴えた。
 松村市議は、安倍政権が10月から消費税を10%にアップすることに触れ、平均所得の550万円に達していない人が6割にのぼり、一部の大金持ちたちに平均額が引き上げられたにすぎないし、そもそも、税制で再配分を行わなければならないのに無視され、ますます格差を広げていると批判した。
 

 

大椿ゆうこは、国会で取り組むべき課題として、雇用の立て直しを提起した。バブル崩壊後、就職氷河期に、規制緩和と称される政策で非正規・派遣が増やされ、今やロスジェネ世代と呼ばれる層が社会に重くのしかかろうとしているが、入り口での非正規を縮小していくことが必要と訴えた。
 

消費税アップについて、明日の生活に困っている人が増えているが、声すら出せないのが現実であり、反対しても変わらないと思っている人も多い。しかし、そのままではますます苦しくなるだけ。消費税が上げられてきたが、大企業に対する法人税の税率は下げられて、なんと4百数十兆円の内部留保を抱え込み、応分の法人税を払わすべきだし、労働者から吸い上げたものだから返すべきものだと訴えた。アメリカから大量の戦闘機の購入等の今の税金の使い方、税での富裕層から普通の人々への再分配を国会で議論しなおすべきだし、50%も選挙に行かない人がいると議論がされないのでぜひ参議院選挙の投票に行ってほしいと締めくくった。
 

午後5時には、京阪・寝屋川市駅前で、4月の寝屋川市議選に出馬した木村秀幸さんが選挙で多くの人の支援を受けたお礼を述べ、大椿ゆうこさんが、非正規で雇止めにあったが、それと闘い、今回の選挙に立候補したことを紹介した。
 

大椿ゆうこは、小泉政権での非正規・派遣の拡大から、リーマンショック後は女性だけでなく、男性にも非正規等が広がってきて、それが当たり前になっている。安倍総理はアベノミクスで雇用拡大と成果を誇示しているが、実態は、非正規が非常に増えているし、すでに2100万人を超えている。
 

仕事がコンスタントにあるなら、非正規対応ではなく正規で対応するのが筋だし、正社員同様に働かせられている非正規の人はおかしいことをおかしいと言えない現実がある。安定した社会と職場は必要だし、これを取り戻す闘いをさらに進めていく。
 

子どもを3人産めという自民党の議員は言うが、非正規でマイホームが持てるか、子どもを大学まで行かせることができるか、そもそも結婚もできない現実がある。これを打破するには雇用の安定・社会の安定しかない。非正規が変わると世の中が変わる。非正規労働者の皆さん、共に立ち上がろうと訴えた。
 

社民党大阪府連合の服部良一代表は、40歳以上の非正規労働者は270万にのぼり、年収は約175万円に過ぎないし、引きこもりで40歳以上は61万人、ロスジェネ世代の課題が大きい。
 

昔、中卒は金の卵、正社員は当たり前という時代は過ぎてしまい、バイトと言えば、専業主婦と学生の時代から、中堅の男性までも非正規が広がっている中で、老後の年金不足に2000万円貯金しておけではどうしようもない。日本の全世帯の30%は貯蓄ゼロです。
 この選挙では、非正規の声を届けるには当事者からでないと。そのため、大椿ゆうこを送り出したいと呼びかけた。
 

その後、門真、古川橋での街頭宣伝を行い、17日の行動を終了した。