韓国正義連報道の本質

 

韓国の正義連(正義記憶連帯)と尹美香さん報道の本質とは何か

長 崎 由 美 子 (大阪府連合代表)

韓国で長年慰安婦問題に取り組んできた韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)現在は、正義連の理事長であった尹美香さん「共に市民党」国会議員への不正疑惑報道についてその本質を考えてみたい。この不正疑惑報道の発端は李容沫ハルモニが記者会見で、正義連の会計が不透明である、正義連の運動が慰安婦の主体ではない、尹美香さんは国会議員になるべきでは無いなどの批判をしたことが大きく報道されたことに始まる。

まず整理をしなければならないのは、会計の透明性はもちろん必要であり、現在正義連への会計調査が進められる中で問題は明らかにされると思う。しかし李容沫ハルモニの怒りの本質は92歳になっても、日本政府が歴史的事実としての慰安婦問題を認め正式謝罪と補償をしてこなかったことにある。安倍政権と朴槿恵政権による「日韓合意」が当事者の意思をくみ上げて結ばれたものでなく、発表の前日の夜に協議する時間もなく知らされたにも関わらず、さも、正義連がハルモニたちに合意内容を伏せていたかのように報道している。
 
慰安婦問題は日本のみならず韓国でも長年当事者は声を上げることができず、保守勢力から恥ずかしい存在としてバッシングを受けてきた。その苦難をともに切り開いてきたのが正義連を中心とする市民運動だった。ハルモニたちは尊厳を取り戻し世界に女性の性暴力を許さない声を発信していった。日本にも何度か訪問された金福童ハルモニは戦時下の女性への性暴力を救済するナビ基金や、自分が教育を受けられなかった悲しみから民族学校のこどもたちを支援する活動をされた。自分の苦難を次世代に渡さないために力を尽くされていた。水曜デモの中で若い世代に悲しみを繰り返さないために学ぶことを常に伝えていた。

 今回の正義連と尹美香さんへの攻撃の中で、本来一番責任をとるべき日本政府が戦後補償に向きあわず慰安婦問題をひたすらなかったことにしようとし、教科書からも削除してきたことが隠されてしまっている。思い出して欲しいが朝日新聞の慰安婦の吉田証言が偽証だったことをもって全ての慰安婦問題が偽造であるかのように報道された。正義連および尹美香さんの会計不正をきちんと公開していくことと、長年声を上げられないできた慰安婦当事者の声をくみ上げ歩んできた運動を正当に評価することは分けて考えるべきであり、そして何より、日本が過去の歴史と向きあいアジアでの信頼を作るために慰安婦問題をはじめとする戦後補償を果たすことが、私たちに求められる責任だと思う。
 
そしてこの正義連をめぐる報道が過熱するなか、「平和のウリチプ」所長の孫美英さんが亡くなられた。金福童ハルモニや吉元玉ハルモニに献身的に寄り添い、今回の報道に深く傷つき悲しむ中での死去に、心より哀悼の思いを捧げたい。