報告0114カジノ

 

カジノ大阪誘致反対街頭宣伝

 

1月14日午後2時から、大阪・天王寺駅東口で「戦争あかん!ロックアクション」等の市民団体・労働組合が結集し、「カジノ・IR」の大阪誘致に反対する街頭宣伝を行い、100人以上の人々が、署名活動やシール投票を行った。

2025年万国博覧会開催といいながら、万博会場整備に関わり地下鉄・道路橋梁建設で跡地利用が重要であるため、カジノ・IRをセットにしてきている政府・大阪府・大阪市のカジノありきが極めて問題であるため、多くの団体が立ち上がった。
野党各党もこれを問題視し、この該当宣伝に野党各党も参加した。
社民党大阪府連合から、副代表である酒井弘行豊中市議会議員が参加し、マイクを握って往来の人々に訴えかけた。

 

大阪湾の夢洲が会場とされるが、廃棄物の最終処分場であり、これを万博・カジノのために土砂での埋立をすると最終処分場の寿命を短くし、また、次の最終処分場を必要とし、関西国際空港で高潮被害が出たことを見れば、湾岸地域の災害対策が欠かせず、会場としては不適だと指摘した。

韓国ではカジノで博打依存が社会問題化し、社民党大阪府連合は、韓国に調査を予定しており、その実態や対策をつくる準備をしている。
アベノミクスといいながら、大企業が莫大な利益を抱え込み、大阪でカジノや万博で、景気復興の起爆剤と言っているが、府民の税金をつぎ込み、さらに、アメリカや日本の大企業に利益をもたらすに過ぎないと厳しく批判した。
政党以外には、平松邦夫元大阪市長や大学教授も参加し、ありとあらゆる角度からその問題を指摘し、多くの人が署名やシール投票に応じていた。