Black Lives Matter

 

Black Lives Matter in Kansai

アメリカから全世界に広がる黒人差別を糾弾するデモ、6月7日に大阪でもあるという情報を聞いて中之島公園に駆けつけた。関西在住のアメリカ人をはじめ多くの在日外国人が参加、もちろん黒人だけではなく白人も非常に多く、若い層の参加が多いのが印象的だった。演説もコールも英語で日本人などアジア系は参加者の2割にも満たなかったと思う。夕方のテレビでも繰り返し報道されていたが、参加者を警察発表1000人と言うのは極めて過小で、私が見たところ2千人は下らない。

 

今トランプ米大統領も追い詰められている。デモ隊に対して挑戦的な言説を繰り返し、さすがに軍隊の出動要請に関しては元米軍幹部からも異論が出された。全国民の和解を訴えるのでなく分断を煽り自分の支持層にだけいい顔をしようとするやり方は、完全に裏目に出ていて支持率の低下を招いている。アメリカでここまでデモが広がっている背景は明らかだ。繰り返される黒人差別、深刻な格差拡大、貧困層でのコロナ感染率の高さ、急増する失業、まさに新自由主義の本家本元のアメリカ社会が内部から崩壊している。
 
「黒人の命は大切」「正義なくして平和なし」「人種差別を許さない」という大阪でのデモ隊のコールに勇気をもらいながら、ここ日本においては在日朝鮮・中国人への差別やヘイトを止めさせる声を上げなければと痛感しながらの帰路であった。