報告1.11菅も維新も退陣だ!集会

 

1.11 菅も維新も退陣だ! 集会

1月11日午後1時から、大阪市北区の大阪市役所前の中之島女神像公園で、平和と民主主義をめざす全国交歓会と平和と民主主義をともにつくる会・大阪が呼びかけて、「菅も維新も退陣だ!『都構想もどき』もオサバラ!」集会を開催し、寒波の中、100人余りが参加した。


活動報告写真

 

集会開催にあたり、「命こそ宝」を訴える月桃の花歌舞団がエイサーで盛り上げ、主催者を代表し、山川よしやすさんがあいさつを行った。
 「菅政権や大阪維新の会が、マスコミを使って新型コロナ対策を打ち出しているように見せているが、現実は手遅れで、東京と共に大阪でも感染者数が増加している。大阪では、すでに12月に250人余りが死亡、全国でトップになり、重症用病床も70%以上の使用となっており、医療崩壊と言われている。まさに危機意識が欠如しており、住民投票で都構想が否決された後、ウイズコロナからポストコロナと呑気なことを言って成長戦略や広域行政一元化等を打ち出しているうちに感染が拡大し、住民の生命を危機に陥れている。
 
十三市民病院を一方的にコロナ専用病院として、多くの医師や看護師等の退職を生み出し、医療体制の弱体化を引き起こしたが、これは橋下知事が看護師等の給料が高いと攻撃を始めたことから始まる。大阪府・市の成績主義の推進と職員定数管理強化で、保健師の増員ができない状況を作ってきた。
 
マスコミ調査では、吉村知事がコロナ対策を頑張っていると評価する府民は70%に上るが、それは実態が知らされていないからで、福岡市は行政区単位で保健所を設置しており、やればできることを証明している。大阪は大規模事業に資金をつぎ込みたいので、大阪府・市の基金をコロナ対策に十分使おうとしていない。政策転換を求める」と訴えた。

 

活動報告写真

 

集会参加者から、「吉村知事は昨年9月にワクチンができると言ったのに、だんまりを決め込んでいるし、イソジンが効くなら配布したらいい。麻生副総理は特別定額給付金の10万円は貯金に回ったというが、周辺にはそんな人はいない」等の声が上がった。

 「枚方市では、維新の市長がコロナ対策は地方創生臨時交付金がほとんどで、市費は16億円しか使わず、15億円は市民への3000円のクーポン配布で、感染者を減らす努力が不足している」との報告があった。
 
介護施設で働く人から、「府内54の高齢者施設でクラスターが発生しているが、PCR検査等を十分にやるだけで未然に防げたはずで、ようやく、府は20か所の検査センターを設置するというが日に400件が上限というレベルに止まっている。これでは感染は止まらない」と批判の声が上がった。
 

活動報告写真

 

 

最後に、主催者から「1月25、28日の大阪市との協議の場を持ち、政策転換を求めていくので、一層の協力を」と訴えがあった。
 終了後は、西梅田まで、「まやかしで個人の自由を制限する緊急事態宣言をやめ、効果的なコロナ対策の実施を求める」訴えや呼びかけを行うデモを行い、晴れた空に元気な声を響かせた。