報告0119桜を見る会

1月19日午後2時から、大阪市西区の新町北公園で、国会前市民アクションとして、「おおさか総がかり行動実行委員会」が「“桜を見る会”私物化、幕引きはさせない!安倍政治を終わらせよう!市民集会」を開催し、約400人が結集した。
 

集会冒頭に、主催者を代表し中北龍太郎弁護士が、政府主催の桜を見る会という税金を使った催しが、安倍総理の選挙活動に利用され、私物化が公然を行われた上に、野党に追及されると行政文書を隠蔽・廃棄するこれまでと同じ手口が続いている。自衛隊の中東派兵は、トランプ大統領の軍事緊張を高める行為を容認し、イランの司令官を根拠なく、暗殺するという暴挙を放置し、すり寄る姿勢は問題と指摘し、あいさつを行った。
 

 

野党からは、立憲民主党の尾辻かなこ衆議院議員ら、日本共産党は清水ただし衆議院議員、令和新選組から大石あきこさんがあいさつに立った。
社民党大阪府連合は、大椿ゆうこ副代表が立ち、オーストラリアの山林の大火災を取り上げ、気候変動・危機が深刻になっているにもかかわらず、未来に対して責任を持つことなく、日本は政治そのものが私利私欲に走っているのが現在の問題に出てきていると批判した。
 国民民主党も参加し、大阪憲法会議も総がかりでの取り組みの報告を行った。
 

最後に、戦争をさせない100人委員会・大阪の米田共同代表から、安倍政権は時間が過ぎれば国民は桜を見る会のことを忘れると思っているが、いまだに、国民の多くはまともに説明されてないというデータが出ているし、忘れるわけがない。中東派兵も国会の審議抜きで実行され、戦闘が始まれば、結局、市民が大きな被害を受け、すでにウクライナの旅客機が撃墜されている。憲法9条によって日本が守られてきたことをわかっていないし、中村哲さんのように実践してきたことを生かしていこうと訴えた。
 集会終了後、難波までデモを行い、長崎由美子代表や大椿ゆうこ副代表がマイクを握り、御堂筋を歩く人々に積極的にアピールして終了した。