報告0119全党員集会

全党員集会 

1月19日午前10時から、社民党と立憲民主党の合流問題での全党員集会を、大阪市北区のPLP会館で開催し、約30人が結集し、議論を深めた。
 

長崎由美子代表から、昨年12月19日に全国連合から、立憲民主党との合流提起から、これまでの経過や議論内容の報告がなされ、特に1月15・16日に立憲民主党に対する質問、17日の回答の説明を踏まえて議論された。
 

 

立憲民主党と国民民主党の合流問題で、立憲民主党が方針を変えずにいくか、特に原発推進やトップのたすき掛け等々の議論がどうなるか、これまでの合流問題が成立しなかったことや社会主義・社会民主主義は日本で少数できている、党首等が前のめりの発言は軽率だ等々の意見が出された。
 

また、社会新報や党の財政状況や国会議員の中には自己保身の動きや現実的な問題も指摘された。
 

これまで、社民党が築いてきた地域組織、機関紙活動等の財産を守りながら、大労組の意見に流されがちの中で、社民党が幅広く小さな意見を拾い上げてきたことを生かしていく観点から、日米同盟基軸でない平和主義に徹した取り組みを進めていくため、今回の集会の意見を踏まえ、1月22日の府連合幹事会で結論を出して、定期大会を含め、全国連合に意見を表明していきたいとの取りまとめがなされた。