報告0111カジノあかん


カジノあかん!夢洲あぶない!


1月11日午後1時から、大阪・難波の高島屋前で、「どないする大阪の未来ネット」等の8市民団体が野党と共同で「カジノあかん!夢洲あぶない!」と銘打った街頭宣伝を行い、約80人が参加した。
 野党は立憲民主党、日本共産党、新社会党と社民党から、服部良一大阪府連合常任顧問、大椿ゆうこ同副代表が街頭宣伝に立った。
 市民団体から、大阪カジノに反対する市民の会の西沢共同代表、あかんカジノ女性アピールのカジノ問題を考える大阪ネットワークの桜田阪南大学教授が立ち、各々の取り組みやカジノの問題を指摘した。
 

 

 

服部良一常任顧問は、IRと言ってごまかしているが、ホテルや商業施設を入れた売り上げは4,800億円というが、カジノの売り上げは3,800億円に達し、カジノ依存は明確と指摘、南海トラフによる大災害に、IRや万博の会場である夢洲は極めて弱いと問題だらけだと訴えた。
 大椿ゆうこ副代表は、中国の業者の国会議員の買収行為が問題とされているが、アメリカ企業は問題ないのか、解明される必要があるし、港湾労働者で組織されている労働組合である全港湾も、舞洲の危険性を指摘し、昨年の規模の台風が来たら、来場者は逃げることもできないと問題視していると訴えた。
 最後に参加者が共同で、「カジノあかん」と訴えた。