報告0106ロックアクション

 

 戦争あかん!ロックアクション

 

1月6日午後6時半から、大阪市西区の新町北公園で、「戦争あかん!ロックアクション」が月例の集会を開催し、約100人が結集した。
 最初に、共同代表の山下慶喜(前茨木市議会議員)さんが、あいさつに立ち、憲法9条を持つ国で、千葉の幕張メッセで武器の展示会を政府が率先して行い、中東ではイランの司令官をアメリカが殺害、日本は自衛隊を派遣するなど緊迫した情勢にもかかわらず、安倍総理は暢気なもの。香港では5大要求を掲げて市民が闘っているのに、日本は怒ることもなく沈んだままであるが、オリンピック後には総選挙が想定され、我々も日々の積み重ねで闘いを展開したいと訴えた。
 

 

服部良一さんは、秘密保護法全国ネットワークが昨年12月に開いた全国集会の報告を行い、大阪のロックアクションの活動を紹介したことや秘密保護法による指定文書が40万件余りで、指定された取扱者は公務員で12万人以上だが、内閣官房では指定された民間人は1200人以上がおり、実態の解明が必要なことを指摘した。
 戦争法の違憲訴訟の取り組みについて、岡本隆吉さんから大阪地裁での判決を前に、12月21日に集会を開き、300人以上の参加者があり、意を強くしたことや東京地裁ではすでに棄却の判決が出ており、予断を許さないが最後まで頑張っていきたいと決意を表明した。
 関電の原発マネー還流事件について、末田一秀さんから、森山元助役が悪人で関電幹部を被害者のように言っているが、関電が出した原発マネーである工事費や地元工作費の一部が戻ってきただけで、私たちが払った電気代で、それを一緒に食い散らかしただけと批判した。3200人以上が集まり、刑事告発したが大阪地検は受け取っただけで受理せず、放置を許さないため地検前集会を予定し、株主代表訴訟も準備しているので、ともに闘っていこうと呼びかけた。
 どないする未来からは、大阪市のカジノ・万博・都構想で大阪維新が勢いづいているが、IR汚職でそうはいかない事態になっており、私たちが国際博覧会協会に働きかけ、日本政府に万博のそばにカジノはノーという要請を行ったことが明らかになっている。さらに私たちの正当性を訴えていきたいと表明があった。
 大椿ゆうこさんから、社民党大阪府連合の新春の集いにあわせ、#KuTooで知られている石川優美さんと私が「日本社会はなぜモノ言う女を叩くのか?」というテーマで、クロストークを1月26日に開催するので、多くの参加を訴えた。
 これらの報告及び提起があった後、難波までデモを行い、数多くのスローガンを訴えた。