報告0923土井たか子

 

 今こそ 土井たか子さんの志と共に

 

9月23日午後2時から、神戸市中央区の兵庫県私学会館で、土井たか子さんの五周忌を迎え、「今こそ 土井たか子さんの志と共に」を社民党兵庫県連が中心に実行委員会で開催し、350人以上が結集しました。
 北上あきひと県会議員と弘川よしえ弁護士が司会を担当し、最初、主催者あいさつに服部良一元衆議院議員(大阪府連合代表)がたち、土井さんの業績の中で、土井ドクトリン(2001年)を発表し、北東アジア総合安全保障・非核地帯構想を打ち出し、その後の日本の平和運動や安全保障の考え方に大きな影響を与えたが、不屈の精神で推し進めてきたことを引き継いでいく集会としたいと訴えた。
 

 

次いで、評論家であり、土井さんと親しかった佐高信さんが講演に立った。土井さんは人権を守り、特権と生涯闘い続けた人で、生活保護で男女の食費に2割差があったことを見つけ、国会で男女格差を是正させたり、表面的な人権思想ではなく、実践の中で特権を許さず、平等を求めてきた。土井憲法は日本国憲法に組み込まれた抵抗権を認め、実際に活かしていくラジカルな人だと思う。民主主義とは永久の抵抗権だと思っている。
 

土井ドクトリンに対応する自民党の石橋湛山、宇都宮徳馬、三木武夫らの流れは、田中派に属していたが、小泉純一郎が自民党をぶっ壊すと言って、自民党のハト派だけが潰された。この結果、沖縄に圧力をかけ、札束で言うことをきかそうとだけになっている。
 土井さんは演説もうまいが、それ以上に聞き上手で、保守政治家で土井ファンは多いが、気骨のある人ばかりで、何を改革すべきで何を残すかよくわかった人だが、なんでも変えるという新自由主義者と大違いである。
 最後に希望を軽く語ることはできないし、安倍政権下、絶望の中から共に希望を語りたいと訴えた。
 

ゲストに福島瑞穂参議院議員と五島昌子(元土井たか子衆議院議員秘書)さんが立ち、各々の立場から、土井さんのことを語った。
 最後に、梶川美佐男社民党兵庫県連合代表が、閉会のあいさつにたち、予想以上に多くの方が参加されたことにお礼を述べ、とりまとめて終了した。