報告0901ここだけのコラボ

 

 「九条の会・おおさか」憲法集会 

「松本ヒロ&西谷文和 テレビでは見られない「ここだけのコラボ」を開催 約800人参加
 

9月1日(日曜日) 午後1時30分~ エルシアター ほぼ満席
 第一部では、フリージャーナリストの西谷文和さんが、「映像で見る戦争と平和」というテーマで、もう一つの選択肢で社会を変えようと訴えた。
 アフリカ・南スーダンに政府は自衛隊を派遣し、戦闘はない、安全だと国会答弁を繰り返してきたが、実際に西谷さんが現地を見ると、自衛隊宿営地を挟んで政府軍と反政府勢力がロケット弾の打ち合い等々を行い、その期間、自衛隊は活動不能。日本に帰国後、隊員1名は戦傷後の死亡、自殺者2名を出し、精神疾患に悩まされる隊員が数多くでるなどとんでもないことが起こり、日報隠しにつながったと指摘した。

トランプは、イラン核合意から離脱したが、イランはペルシャでシーア派という少数派だが、サウジアラビアはスンニ派という多数勢力で、アメリカの兵器を購入する上得意であり、イランと距離を置いている。イスラエルのエルサレムに米国大使館を移すのも、アメリカ国内のキリスト福音派がキリスト復活を信じることで、来年の大統領選挙で支持を得、選挙資金を集めるために、誰が死のうという姿勢。

 

 

日韓関係がこじれているが、植民地支配等での個人の請求権は残っているのは日・韓両国共に承知のこと。シベリア抑留も原爆被害も、日本政府は被害者に個人の請求権があるので、勝手に請求しろと突き放しているし、新日鉄が和解しようとしたとき、安倍政権はストップをかけ、今の事態に至っている。

戦争はうそから始まっている。イラクのクエート侵攻に対し、平和解決の国際的動きを破壊するため、クエートの在米大使の娘が一度もクエートに住んだことがないのに、イラク軍が病院の保育器から赤ちゃんをつかみ床にたたきつけたという証言?を行い、湾岸戦争に突入した。特に日本ではメディアが事実・真実を報道せず、99%の民衆を無視し、1%についている。特に東京キー局は安倍政権にくっついている。

 5:3:2の原則で、投票で棄権が半分になると3割は与党に入り、安倍政権は安定する。しかし、棄権が4割を切ると野党が勝利する。消費税が必要か、不要かではなく、まず、所得税と法人税の税率を元に戻すだけで消費税分はカバーできる。別の選択がある。忘れない、あきらめない、騙されないで頑張っていこうと訴えた。

第二部は、スタンダップコメディアンの松元ヒロさんが、「笑って平和を考えよう」というテーマで、自民党の憲法改悪の誤りと現憲法の価値をおもしろおかしく表現した。最後に、事務局長の吉田栄司(関西大学法学部教授)さんが、安倍総理は憲法改正と野党に議論に参加しろと言っているが、国民の国会への期待は、年金・社会保障、消費税、経済政策等で、憲法改正の順位はずっと下で、議論そのものが不要。私たちがなんとかして横に広げ、選挙を棄権している人を引っ張り出す努力が必要とアピールした。