報告0824「大椿ゆうこ総合選挙対策本部」総括会議



 「大椿ゆうこ総合選挙対策本部」総括会議を開催

 

8月24日(土曜日)午後6時~ 約70人が参加し、今後の取り組みも含めて活発な議論が行われた。
 社民党大阪府連合長崎幹事長の司会で、最初に、府連合の服部良一代表があいさつを行った。

選挙本番で推薦ハガキ15万枚投函(配布は25万枚)、個人ビラ25万枚配布・新聞折込、社民党届出ビラ近畿で50万枚配布・新聞折込、ポスター1万以上掲示、電話2万件など、近畿、東海を中心に全国を飛び回って選挙を闘ってきた。大椿個人票をもっと伸ばすことができず、お詫びしたい。参議院選挙は安倍政権の審判であり、与党3分の2確保や消費税10%アップの是非、年金2000万円問題等を巡っての闘いであった。自民の比例票大幅減、立憲民主も比例票を減らし、令和新選組の登場、安倍政権による改憲議員取り込みの動きなどを警戒しながら、取り組みを強化していきたいと表明した。

 

 

大椿さんからは、個人として訴えることを我慢せず、また、党からも抑制されず、選挙でどんどん発言させてもらった。しかし、得票数では納得できるものではないし、非正規の力を結集できていない。現実を見据えて、まだまだ深めていくことも多いと実感している。非正規について取り組みを最初に始めたのは社民党だが、次の世代を育てることが出来ていない課題も大きい。台湾でのシャープを買収したフォンファイが、工場労働者を大量解雇し、使い捨てにすることに対する国際的連帯抗議行動参加について語った。

 その後、交流会を行い、労組選対の山元さん、地方議員、後援会有志などから、近畿各県での取組みや意見等、建設的で率直な発言が活発に出された。