報告1103総がかり

 

輝け憲法!いかそう9条!総がかり集会

 

11月3日午後1時半から、日本国憲法公布を記念した文化の日に、大阪市北区の扇町公園で、「おおさか総がかり行動実行員会」が、「輝け憲法!いかそう9条!11.3おおさか総がかり集会」を開催し、約12,000人が結集した。
 

集会トップは、MIC SUN LIFEが登場し、ラップで世相を映し、新しいうねりを起こそうと表現した。その後、主催者を代表し、1000人委員会大阪の米田彰男さんから、沖縄・首里城の焼失の無念さ、憲法改悪を目標とする内閣が発足した途端に、2人の大臣の辞任で首相は結局、任命責任をとらないことを批判した。韓国ではキャンドル集会が重ねて開催され、東アジアの平和に日本の憲法9条は欠かせないことが認識されていると訴えた。また、司法の反動化で組合活動を弾圧することが出ており、全面的な闘いを提起した。
 

各政党のあいさつでは、立憲民主党、日本共産党に続き、社民党から、元衆議院議員の服部良一さんが立ち、韓国では10月5日に300万人のキャンドル集会が開かれたが、日本のマスコミは報道していないが、その中で、今日の集会は韓国、沖縄から参加してもらっている。国民投票法は欠陥だらけだが、その一部改正で憲法改正に野党を引き込もうとする安倍政権・自民党の動きには乗らない、戦争法は憲法違反とする訴訟を起こしており、私が団長を務める大阪1000人訴訟で来年1月28日に大阪地裁で判決が出るし、まだまだ闘いは続くとあいさつした。
 


スピーチには、高山佳奈子(京都大学大学院教授)さんが「立憲勢力を伸展させるために」と題し、文化の日だが文化が危機に晒されており、愛知県での表現の自由の侵害、京都アニメーションの放火等がある。立憲勢力を強め、利権勢力を抑え込まないととんでもない社会となるが、参議院選挙では6年前に比べ、1人区で野党共闘が勝利しているが、投票率の低下は与党有利で、与党が民主主義を破壊し、低投票率を望んでいる。大阪では与党とその補完勢力の独占を許したが、神戸等も含めて野党共闘の努力がないと野党は勝てない。海外では低投票率の馬鹿さ加減を解って報道している。身の丈発言は、公教育を破壊する発言だし、本音を露骨に出してもいい状況が出ている、これも低投票率で、利権勢力に組していることをわかって闘いを進めていきたいと提起した。
 

韓国から、李承勲(イスンフ韓国市民社会団体連帯会議事務局長)さんが、日韓が過去の植民地支配を本当に反省し、新しい日韓関係の作り出す重要性を訴え、それに反する安倍政権は日韓関係の悪化を政権維持、憲法改正に利用していると批判した。安倍政権を糾弾するキャンドル集会は9回を数え、ジーソミアの永久廃棄、米軍基地を東アジアから撤退させ、東アジアの平和実現を呼び掛けた。
 山城博治(沖縄平和運動センター)さんから、「辺野古に基地はいらない!」と題し、翁長知事の死去、首里城の焼失等を乗り越えていく闘いの報告が行われた。
 国は大浦湾の埋立で大幅な工法変更の申請を県に出してくると思われるが、国は県を部下としか思っておらず。珊瑚の海に赤土を被せることは許せないと訴えた。また、宮古島に住んでいるが、防衛省・自衛隊が島にミサイル基地、弾薬庫の建設を進めており、またもや沖縄を戦場としかねないことを阻止するため頑張っていこうと呼びかけた。
 

この間、おーまきちまきさんのアコーディオンの演奏、中川五郎さんから関西フォークの草分けを発揮した持ち歌の披露、大阪朝鮮高級学校の朝鮮舞踏があり、最後に、核兵器廃絶、福島の原発賠償関西訴訟の報告、森友事件の追及の継続、大阪にカジノはいらない運動の報告が行われ、幅広い課題が憲法につながることが明らかにされた。
 最後に丹羽さんの閉会のあいさつを受けて終了した。