報告1022カジノあかん!

 

カジノあかん!夢洲あぶない!市民集会

 

10月22日午後1時半から、大阪市中央区のエルシアターで「カジノあかん!夢洲あぶない!10.22市民集会」が同実行委員会により開催され、定員の800人を超える人が結集した。
 大阪維新の会が前に代表であった橋下弁護士が、強引にカジノを大阪に誘致する表明から、2025年に大阪万博とセットで統合型リゾート(IR)のメインにカジノを設置するということで、住民の声をまともに聞かず、一気に進めようとすることにストップをかけようと党派を超えた結集となった。
 

実行委員会を代表し、元大阪市長の平松邦夫さんがあいさつに立ち、地域の発展、違った意見を尊重し、民主主義の実現を努力するのが行政の役割にもかかわらず、力による行政を進める維新の体質を批判、カジノをやめ、自然災害に対し複合的な行政推進を訴えた。
 

現時点の情勢について、桜田照雄阪南大学教授がネット通信で、大阪より横浜が儲かるとわかってアメリカの業者が参加辞退という展開が出てきて、自民党の萩生田氏が、カジノ業者の声を代弁し、10年契約・5年更新を30年契約にさせ、カジノが始まって反対首長が当選しても、撤回できないし、利益保証をするというとんでもない事態になっている。今年11、12月に業者公募、来年2月に府市が環境アセスメントを先行してやり、来年度に議会の議決を得ようとしていると住民無視の状況を報告した。
 



講演では、田結庄良昭神戸大学名誉教授が、「夢洲で想定される南海トラフ地震による被害」と題し、大阪万博とカジノ等の夢洲がどれだけ災害に弱く、別の利用を考えるべき地であるかを明らかにした。
 大阪府の調査でも、夢洲は津波等の自然災害に弱く、津波となると遡上高は2倍以上になり、浸水被害は相当なものになる。護岸も埋立地なので沈下し、埋立地そのものも徐々に沈下、地震では液状化が起こり、特に大阪平野は沖積層が30mあり、関空では沈下が予想以上で、昨年の台風でとんでもない事態となったと数多くの問題を指摘した。
 そのため、埋立後は長期に使用しないのが当たり前にもかかわらず、1年で使用すると無謀な方針で、住民を騙す資料ばかり出していると大阪府・市の反動性を明らかにし、講演を終えた。
 

その後、リレートークに移り、ギャンブルに陥った経験者の体験やギャンブル依存症は本人責任という実態から外れたことを指摘する医学生、元大阪弁護士会長の弁護士会の取り組み、大阪自然環境保全協会の夢洲の野鳥の楽園の状況や全港湾関西地本委員長から大阪の物流拠点の確保がされない問題指摘、夢洲のIR整備で莫大な税金を使う実態を明らかにした元大阪市会議員等が発言に立った。ストップカジノ大阪の代表の服部良一(社民党大阪府連合常任顧問)さんが、韓国の唯一の国内向けカジノの調査により、カジノ全体の利益の大半をたたき出し、カジノ周辺はホテルと質屋が乱立、地域の人口減、韓国社会にバクチ依存症が蔓延している問題を報告した。
 中野雅司(大阪を知り・考える会)さんが、市民の望む環境アセスメントの素案を提示し、さらに磨きをかけていくよう参加者に協力を訴えた。
 

政党からは、立憲民主党、共産党、新社会党、社民党が参加、紹介があった。各地からは、和歌山、横浜、長崎、北海道・苫小牧、海外から台湾からカジノ反対の連帯のメッセージが寄せられた。
 全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会の新里宏二弁護士(仙台市)が、全国的な闘いの提起とポテッカーを使って、カジノ建設反対の意思統一を行った。
 集会終了後、扇町公園までデモ行進を行い、カジノ建設反対のアピールを行った。