報告1005定期大会

 

社民党大阪府連合 定期大会

 

10月5日午後2時から、大阪市北区のPLP会館で、社民党大阪府連合が第14回定期大会を開催し、活発な議論を経て、原案どおりの運動方針等を決定した。
 議長選出後、社民党大阪府連合の服部良一代表があいさつし、7月の参議院選挙で政党要件を確保したが、全国比例で大椿ゆうこさんを擁立し、当選に至らなかったことを分析し、さらに、衆議院解散に対する取り組みを展開していきたいし、大椿さんの努力を生かしていきたいと表明した。また、関電役員の金品授受は、政治家をも巻き込んだ事件に発展しつつあるし、反原発の運動の正しさをも証明し、社民党の長年の主張を展開していく。また、トリエンナーレの補助金打ち切り、外交の安倍と言いながら、手詰まり感に覆われている。
 大阪府連合の運動では、地方議員を減らしてきていることには責任を感じているし、候補者づくりの難しさも身に染みている。ここは、代表を退き、顧問として、全国連合が提唱する憲法全国キャラバンを展開していきたいと締めくくった。
 

 

長崎幹事長から、2年間の経過報告を行い、参議院選挙で近畿の結果が全国的に見て悪いことやロックアクションで大阪の平和、反差別、反原発等の運動を進めてきたこと等を述べた。会計、監査報告や高槻市の川口洋一市議の活動報告を行い、議論に入った。質疑では、野党共闘や寝屋川市での市議選挙の取り組み、国保保険料の府内統一等に関する発言があった。
 その後、2019~2020年度の運動方針について、川口洋一副代表が詳細に提案、予算案の提案後に審議に入った。野党の会派問題や野党共闘の取り組み、社民党としての衆議院選挙の候補者擁立、財政問題等多岐にわたっての議論がされた。
 すべて、賛成多数で可決され、長崎由美子代表、大椿ゆうこ、井上幸洋副代表、川口洋一幹事長の新体制で、団結がんばろうを行い、今後の取り組みの決意を示した。