報告615玉城デニー

 

玉城デニー沖縄県知事と語る会

 

6月15日午後4時半から、大阪市大正区で、近畿圏の沖縄県人会、玉城デニーを励ます会・近畿がよびかけて、「誇りある豊かさ、沖縄を!玉城デニー沖縄県知事と語る会」が開かれ、約400人が参加した。
 

最初に、沖縄知事選挙を追いかけた「デニーが勝った!」の録画を鑑賞し、知事の来阪を歓迎する琉球舞踊が舞われた。
 沖縄県人会の歓迎のあいさつのあと、玉城デニー知事が沖縄県政の取り組みの講演が行われた。
 

知事から、なぜこれを取り上げたかというと、インターネットで、「人がいないところに米軍基地が建設された」、「米軍基地で沖縄経済が持っている」とか、ヘイトスピーチが蔓延しているが、事実と違うので、ぜひとも沖縄は何をめざしているのか、本当の姿を知ってほしいということで、県として「沖縄21世紀ビジョン 取組と成果」、「沖縄から伝えたい。米軍基地の話。Q&A Book」を作成し、約4.2兆円のGDPのうち、米軍基地経済は5%に過ぎず、マイナスが大きい。
 沖縄の未来を担う子供たちに対し、親の経済力が低いというだけで、苦しむことを放置できないということで、施設等を含め、貧困対策に力を入れている。

 


 アジアという面で見れば、経済の流れがどんどん変わり、海外から沖縄への観光客も増えている。
 政治面ではオール沖縄でやっているが、その神髄は、まず、何をするかであって、政党を集めるのは二次的なこと、視野を広げて取り組んでいかないといけないが、絶えず前を向いて進めていきたいと締めくくった。
 

各政党からも数多くの方が出席し、社民党から服部良一大阪府連合代表、大椿ゆうこ参議院議員全国比例立候補予定者として紹介を受けた。
 知事がステージを降りると、各テーブルを回り、懇談を行い、あちこちで歓声があがり、大いに盛り上がった。
 最後に、知事は若い時からバンドをやっていたので、服部良一さんからギターを持ってくるように要請されたというエピソードに触れ、「スタンドバイミー」を演奏し、会場全体の合唱となり、会を終えた。