報告1206ロックアクション

 

戦争あかん!ロックアクション

 

12月6日午後6時半から、大阪市西区の新町北公園で、「戦争あかん!ロックアクション」が、自衛隊の中東派兵反対、日米貿易協定反対、桜を見る会の真相をすべて明らかに等を訴えて、寒空の下ですが、定例集会を開催し、約150人が集まった。
 最初に、主催者を代表し、共同代表の服部良一社民党大阪府連合常任顧問があいさつを行い、衆議院議員になってすぐに、アフガニスタンで中村哲さんと会い、その後、ノーベル平和賞を中村さんにとの署名活動を行ったことに触れて、黙とうを行った。まさに、憲法9条を実践した人を亡くし、今は特定秘密保護法が制定され6年を迎え、やはりその遺志を継ぎ、平和憲法に恥じない日本での活動を続けていこうと訴えた。
 

 

国会で日米貿易協定がまともに議論されずに通過、桜を見る会で安倍総理が強引に乗り切ろうとして、憲法審査会での議論を進めることができなかったことで打撃を与えた側面があることを見据えて、さらに活動を強めたいと語った。
 中北龍太郎弁護士は、防衛省の事務分掌の口実に自衛隊を中東に派兵できるとする安易な行動は、国会無視であり、誤りも甚だしいし、そもそも、トランプ大統領がイラン核合意を一方的に離脱したことを問題視せず、アメリカの要請を受けて行動するのが誤りと指弾した。ここはアメリカに復帰を促し、平和外交を貫くことが重要だと訴えた。
 全日農京都府連合会の本田克己副会長から、日米貿易協定は日米FTAであり、ウィンウィンと言いながら、アメリカ優位は明確で、日本農業をアメリカに差し出し、自動車関税は現状維持で先送りという結果になっている。特に畜産業の打撃は10~20年の間に表面化していくことは明らかになっているが、当のアメリカは有機・無農薬の野菜等を置かないと売れない状況で、ラウンドアップを売り込むモンサントは大量の消費者訴訟に青息吐息となっている。モンサントと安倍総理の共通点はうそつきだし、これを日米で変えていこうと呼びかけた。
 参加者からは、森友・加計学園に続く桜を見る会に続く政権の体質や天皇制により天皇自身が宗教の自由を否定される問題点等の訴えがあった。
 集会終了後、難波までイルミネーションできらびやかな御堂筋でデモを行い、多くの人に集会での訴えをPRした。