報告0503総がかり

 

輝け憲法!平和といのちと人権を!おおさか総がかり集会

 

5月3日というゴールデンウィークのまっただ中、晴天のもと午後1時半から、大阪市北区・扇町公園で「おおさか総がかり行動実行委員会」により、20,000を超える人が結集した、「安倍9条改憲発議STOP!東アジアに平和を!核のない世界へ!5.3輝け憲法!平和といのちと人権を!おおさか総がかり集会」が開催された。
 最初に、五つの赤い風船の長野たかし&森川あやこのミニコンサートから始まった。

主催者のあいさつ後、二宮厚美神戸大学名誉教授が「安倍政権大失政の6年」と題した報告を行った。安倍総理の2年前の改憲メッセージは挫折し、一点目にスケジュールに狂いが生じている。二点目にアベノミクスの成果が出ず、実感のない人が7割を超えている。通貨を増やせばいいと思っているが、景気が悪いのでデフレになっていることに理解できていない。三点目に外交の安倍というが、原発の海外セールは失敗、核兵器禁止条約に反対、トランプのペットと言われている。維新と同じで、じゃんけんに勝つまで続けているが、この夏の参議院選挙は状況を変えるチャンスと訴えた。

 

 

野党共闘の一員として、立憲民主党、、共産党に続き、社民党は福島瑞穂副党首があいさつを行い、集団的自衛権を限定的だが解釈改憲を行い、自然災害から国民を守る自衛隊に程遠いものにしている。防衛費は5兆3千億にのぼり、沖縄の辺野古では軟弱地盤にかかわらず、埋立を続け、無駄な税金投入を行っていると批判し、参議院選挙で立憲野党で過半数をとり、安倍退陣に追い込みたいと訴えた。

その後、沖縄の安次冨浩や被爆者2世、工務店店主から消費税増税反対、女性弁護士からの男女平等に向けた取り組み等のアピールがあり、集会終了後、3コースに別れて、憲法改悪阻止等を呼びかけるデモを行った。社民党は、西梅田までデモを行い解散した。